検証、実録

実録、どれだけ安くなるのか

更新日:

WiMAXを使えば安くなる、と言われても具体的にどれだけ安くなるのか、とかが皆さん気になるところだと思います。

なので、実際に私が使っているiPhoneの請求額をアップして皆さんに見ていただこうと思います。

私のiPhoneのキャリアはdocomoです。
電話回線はdocomoで、モバイルデータ通信をOFFにして、ネットはWiMAX回線を使っています。

docomoからの月々の請求額を見ていただきますね。
とりあえず直近の四ヶ月分ですかね。

こんな感じです。
予想以上に安くて驚かれたんじゃないでしょうか?

docomoの場合、データ通信に必要なSPモード契約まで外せる(WiMAXでデータ通信するので不要です)ので、パケット通信料、SPモード契約料を外して、通話プランも当時の最安値プランにしていますのでだいたい月額700円ちょいの請求です。

このdocomoiPhone700円ちょいとキャッシュバックWiMAXが3,000円いかないくらいなので、月額合計約3,700円のランニングコストが私のケータイ料金です。
この使い方なら、テザリング料金もかからないしデータ通信量も気にせず複数台を使い倒すことが出来るのです。

どうですか?
めちゃめちゃ安くないですか?

今はこの月額700円ちょいのプランはもう無いんですが、docomoならそれでもカケホーダイが2,700円ほどでしょうか、それで電話も通話し放題ですしWiMAXでデータ通信し放題にすれば、最強スマホの誕生じゃないでしょうか。

通話はそんなにしないし、どうせWiMAX使うならデータ通信でLINEやFaceTimeで通話しまくるから、カケホーダイよりも安いプランは無いの!?という方には格安SIMをオススメします。

格安SIMはほとんどの会社がMVNOでdocomoかauの回線を使っています。
ということは、通話に関しては今さら不満の出ないクオリティということ。

格安SIMで不満が出るとすれば、インターネットをするときの「速度」と「容量」の2点になるかと思います。
そこで、WiMAXを併用することで、その不満は一度に解決出来るのです。

知ってる人は、皆さんそういう使い方をしているのです。

wimax-iphone.com記事コンテンツ下(PC)336×280




wimax-iphone.com記事コンテンツ下(PC)336×280




-検証、実録

Copyright© WiMAX最強説 , 2019 All Rights Reserved.